カルテット7話ですずめちゃんが弾いてた曲は…

カルテット7話で真紀さんが帰らなかった夜すずめちゃんが弾いてた曲はジョニ・ミッチェルの「Both Sides Now(青春の光と影)」です。

優しいメロディー、人生の光と影をうたった哲学的な歌詞が深くて、多くのアーティストがカバー曲を出しています。

カルテット7話で、真紀さんが帰らなかった夜、チェロを弾くすずめちゃんのほほを伝った涙、色々な解釈が飛び交っていますが、真紀さんの気持ちがわかる故の涙なのだと思います。

はじめて自分という存在を受け入れてくれた真紀さんへの思いと、「抱かれたいの…」と言った真紀さんの思いと…すずめちゃんはすずめちゃんなりの、「人生の光と影」を感じたのかもしれません。

カルテットで流れる音楽はどれも印象的で、心に響く曲が多いですよね…

すずめちゃんのチェロ ソロ曲、カサドの「無伴奏チェロ組曲?」、家森さんのビオラ ソロ曲ヤン・テルセンの「La veillée」、スメタナ「モルダウわが祖国」そしてカルテットドーナツホールが歌う主題歌「おとなの掟」の配信もあってます。

コチラからダウンロードできますよ。

スズメちゃんが弾くチェロの曲はコチラ
カルテットで検索!


iPhone・アンドロイドに対応
主題歌・着信音が全曲取り放題!

ヒットミュージックは全曲取り放題!

追加料金なしなのでとてもお得です。

最新ヒット曲や、ドラマの登場人物の着信音も充実のラインナップなのでこの際気になる曲は全部ダウンロードしちゃいましょう。

登録も解約もとても簡単。

キャリア決済できる安心の配信サイトです。

『カルテット』ドラマミニ情報

『カルテット』は、美しい冬の軽井沢を舞台に繰り広げられる、ほろ苦くて甘いビターチョコレートのような大人のラブストーリー。

『カルテット』
TBS系 火曜10時から
主題歌:おとなの掟(Doughnuts Hole)
椎名林檎さんの書き下ろし楽曲です

『カルテット』あらすじ
冬の軽井沢を舞台に巻き起こる大人たちの人間ドラマ。恋、涙、笑い、秘密、嘘が入り乱れ、ほろ苦くて甘いビターチョコレートのような大人のラブストーリー×ヒューマンサスペンス

出演者

松たか子
満島ひかり
高橋一生
松田龍平
吉岡里帆

2017冬ドラマ主題歌あらすじ・最新情報♪

『東京タラレバ娘』鎌田倫子の着信音
『カルテット』家森の着信音
『奪い愛、冬』池内光の着信音
auのCM『やってみよう』着メロ・着信音
森山みくりの着信音
津崎ひらまさの着信音(逃げるは恥だが役に立つ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする